排水管の水漏れによる二次被害

排水管の水漏れによる2次被害についてはどのように考えておくのがいいのでしょうか?排水管からの水漏れによって家の中で色々なトラブルが起こってきてしまうことがありますので、修理をできるだけ早く行うようにしなくてはなりません。

■壁から水が染み出てくる

排水管の水漏れが家の中に浸透してしまうと、家の中の色々な部分から水が染み出てきてしまいます。壁などから水が染み出してきてしまうと壁がどんどんもろくなってしまいます。また、水が染み出したあとは消すことが非常に難しい場合も考えられますので、家の中の景観を損ねてしまうことも考えられます。排水管の水漏れが起きてしまう前に定期的に排水管の点検をしておくことが大切です。

■雨漏りをしてしまうこともある

排水管の水漏れが起きてしまうと、壁ではなくて天井から雨漏りのように水が落ちてくることも考えられます。天井から雨漏りをしてしまうと多くの人が屋根の不調を考えるかもしれませんが、天気のいい日であっても天井から水が漏ってくるような場合には排水管からの水漏れを考えて見なくてはなりません。日本の家屋の内部は水が漏れることは想定されていませんので、そのままにしておくと家全体が腐食してしまう危険性があります。家の中から原因不明に水か漏れ出てくるようなことが起きたら、専門の業者にお願いしてすぐにその原因を突き止めることをしなくてはなりません。

■まとめ
排水管の水漏れがおきてしまうとその水が家屋の中に浸透してしまう危険性もあります。更には、家全体の構造を破壊してしまうような悲惨な結果を招いてしまうかもしれません。そのようなことが起きないように水の染み出しに気づいた場合は、すぐに修理をしなくてはなりません。また、水漏れのトラブルが起きないように排水管の定期点検を行ってみてもいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ